債務整理って何?

借金返済は計画的に行わなければ返済が難しくなることがあります。
借金を放っておくと利息ばかりが増え、さらに悪い状況を作ります。
どうにも出来なくなって自己破産…となる前に早く対応することが解決への近道になります。
まずは債務整理について見ていきましょう。債務整理には自己破産だけではなく、他の方法もありますのでご紹介します。

債務整理は自己破産だけではない

最近よく言われる債務整理には、様々なものが含まれています。名前の通り、債務と言う借金を整理することを言うのですが、過払い金・任意整理・自己破産などの借金・返済の諸問題を解決することを債務整理と呼びます。自己破産というと良いイメージがないかもしれませんが、良い点もあり一つの解決策と言えるでしょう。

債務整理には次の4種類があります。
・個人民事再生・任意整理・特定調停・自己破産

この中から自分の状況に合わせて借金返済方法を見つけるのが効果的です。債務整理は弁護士や司法書士などに相談すると、簡単に解決することがあります。悩んでいても解決できません。

大阪で債務整理の費用が安い法律事務所の探し方

大阪で債務整理の費用が安い法律事務所の探し方をマスターしたい場合には、様々な立場の顧客のアドバイスを参考にすることで、常に理想的な契約先を見つけることが可能となります。

現在のところ、債務整理のポイントについて、多方面の媒体で分かりやすく紹介が行われることがあるため、多忙な毎日を過ごしている人にとっても、常に落ち着いて判断をすることができます。

その他、債務整理の手続きの進め方について迷っていることがある場合には、大手の法律事務所のパンフレットやチラシなどの内容に目を通しておくことがポイントとなります。

債務整理における任意整理をする基準とは

任意整理をするタイミングが、分からない場合があるかと思います。お金の事なのでなかなか第三者に相談する事ができず、弁護士や司法書士などの専門機関での相談は、お金がかかりそうと踏み切れない人も多く存在するかと思います。

借りた借金は返さなければいけないと誰しもが思う事ですが、中には莫大な金利などを払っている可能性もあり、債務整理によって明らかにしていく事が可能です。ポイントとしては、法律改正によって状況も変わってきますので、借りた当時のままの契約が有効になっているかと言えば、違うケースもあり特に不平等な契約な場合見直しが可能となりますので、まずは大阪や東京にある法律事務所に相談してみる事が大切です。

債務整理を行なった後の数年間はブラックリスト

債務整理を行なった後の数年間はブラックリストに掲載される事もあります。

債務整理を行なった後はお金もなく厳しい生活を送っている人が多いです。しかし、ブラックリストに掲載されてしまうと金融機関からの借り入れができなくなります。また、カードを作る事もできない事もあります。

そのため、債務整理を行なった後、どのようにして生活していくのか、しっかりと考えておかないといけません。

また、債務整理を行なったからと言ってすぐに処理が行なわれるというわけではなく、時間がかかります。
借金問題は早期解決が重要ではないでしょうか。

債務整理で自己破産をすれば債務支払いが免除される

借金が膨らんでどうしようもないこともありますが、そんな時はできるだけ早めに弁護士や司法書士といった法律の専門家に相談するといいでしょう。

法律の専門家に相談すると債務整理を勧めてくることが多いですが、どうしても借金の返済ができない時は自己破産を勧めるケースもあります。持ち家や車などの財産を処分しても、返済するめどが立たない時に裁判所に認めてもらい借金をゼロにする方法です。

ある程度の財産は手元に残すことができるので、自己破産をするとまったく生活ができなくなるわけではありません。ただしある期間はローンを組むことができなくなるので注意が必要です。

過払い金は司法書士でも対応可能

司法書士でも認定を受けていれば、過払い金の請求をすることができますし、簡易裁判所で代理人となってもらうことも可能です。しかし、地方裁判所まで争いが発展したら、弁護士でないと代理人として裁判をすることができません。

よく誤解がされていますが、1社あたりの過払い金が140万円以下ならば、司法書士でも代理人として請求ができます。また、1社あたりの金額が150万円であっても、あえて140万円しか請求をしないことで、問題は解決します。しかし、その場合には弁護士に依頼をしたほうがメリットはあるでしょう。141万円など、きわどい金額ならば、その手も考えてみましょう。

サイト情報

当サイトは借金問題に関する解決法として
債務整理の情報を掲載しています。

借金をゼロにしたい

返済が難しい借金をゼロにして新しい人生を歩もう。

サイトの運営

個人で運営しており、随時更新しています。

参考

大学・官公庁