グレーゾーン金利って何?

グレーゾーン金利とは、出資法と利息制限法と上限金利との間の金利となります。
この金利の差があることにより過払い金が発生するのです。

グレーゾーン金利をもっと詳しく知る

・利息制限法の上限金利
元本10万円未満→年20%
元本10万以上100万未満→年18%
元本100万円以上→年15%

・出資法の上限金利
年29.2%

利息制限法と出資法の金利の間がグレーゾーン金利になります。

取引の期間と過払いに関して

一般的な話ですが、金融機関との取引期間が長ければ長いほど、過払い金が発生している確率がより高くなり、また同時にその金額も増える傾向にある様です。

しかし、何年以上取引をした人はいくらの過払いが発生していると決まっているものではなく、あくまでも個人の状況によって違ってくるものです。

自分はあまり取引期間が長くないという人であっても、過払いについて気になっているというのであれば、専門の機関に相談してみるのもいいかと思います。

専門の機関に相談すると詳しい状況について調査してくれる場合が多いので、それで請求する事が可能かどうか明らかになるケースというのも多いかと思います。

サイト情報

当サイトは借金問題に関する解決法として
債務整理の情報を掲載しています。

借金をゼロにしたい

返済が難しい借金をゼロにして新しい人生を歩もう。

サイトの運営

個人で運営しており、随時更新しています。

参考

大学・官公庁